運動不足・ストレス不足も快眠を妨げる

運動不足やストレス不足は快眠の妨げになるの?

最近なんとなく寝つきが悪い、なんとなく寝てはいるけど眠りが浅いというような自覚があるでしょうか?快眠できないとすっきりしなくて気になることがあるかもしれません。今回は運動不足やストレス不足が快眠を妨げることがあるのか見ていきたいと思います。昔は肉体労働をしている人の比率が現在よりも多かったですが、今ではデスクワークの仕事が多くなってきていたり、電車や自動車などの移動手段もあるので一日の歩く距離も少なくなってきています。そのため運動不足の人が増えていると言われています。厚生労働省のある調査では、定期的な運動をしている人の割合は30%ほどだったという報告もあったようです。肉体的な疲労が不足(肉体的ストレスが不足)していると不眠になるケースがあるようです。適度な負荷のかかる運動をすることにより体のリズムを整えることができ、寝つきが良くなったり、深い眠りにつけるようになったりします。しかし、運動する時間帯に注意する必要があります。

眠れないなら積極的に運動を心がけて

夜に負荷のかかる運動をしてしまうと、睡眠中に交感神経の働きが旺盛になり、本来であれば睡眠中は体温が低下していくはずなのですが、運動の影響で体温低下が妨げられてしまい、かえって眠りが浅くなってしまう事があります。就寝前2~3時間までに運動は終えるようにした方が良いと言われています。運動時間も可能であれば20~30分ほどの有酸素運動(もちろん適度な負荷のもの)が出来れば望ましいようですが、眠りの質を上げるために必ずしも長時間の運動が必要なわけではありません。仕事が忙しくて運動に時間が取れないという方は、まず通勤時間中にやれることを探してみると良いでしょう。例えば電車では座らずに立つ、つり革をつかまずにいる(安全に配慮ながら)、エスカレーターやエレベーターを使わないで階段を上がり降りする、駅から自宅までの移動をバスから自転車、自転車から歩きに変えてみる、などの工夫によりある程度の負荷のある運動を行うことができるでしょう。最近の調査によると、有酸素運動は連続して行わなくても、短時間のものでも効果があることが明らかになっています。まめにやってみることをオススメします。このような体への負荷はいわば肉体的なストレスをかけるものです。精神的なストレスは不眠の原因になるものですが、肉体的なストレスは私たちを快眠へと導く刺激となるので、最近眠れない、眠りが浅いと感じるなら、まずは積極的に運動を心がけてみましょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!