近年増加中のストレートネックとは?

ストレートネックで何?

この頃テレビやインターネットでよく見聞きするようになった「ストレートネック」とは何でしょうか?ストレートネックとは、頚椎の生理的前湾(身体を横から見た骨格のS字)の角度 30度以下の首の状態をいいます。これは病名ではありません、レントゲン写真などで首の骨が横から見てまっすぐに見える状態の事を言っています。このストレートネックの症状は、頭痛(特に後頭部や側頭部もある)、めまいや吐き気、首の痛み、肩こり、手のしびれなどです。しかし、ストレートネックだからといって必ずしも痛みが出るわけでもないようです。ストレートネックになる原因は様々で、姿勢の悪さ、パソコンやスマホの長時間の使用、首の使い過ぎ、頚椎症、頸椎椎間板ヘルニア、スポーツなどによる障害(バレエ、ダンス、格闘技、スキー、スノボなどの転倒)、車の追突事故などや、老化・加齢によるものもあります。最近急増しているのは、パソコンやスマホの使用時です。その時にうつむきの姿勢を取りながら操作していると、ストレートネックになりやすいと言われています。

予防を意識した生活を送ることが大切

正常な首の状態は先ほど述べた通り湾曲(前弯)を描いているのですが、これらが様々な原因でストレートネックになり、それがさらに悪化すると逆に湾曲(後弯)してきます。このことを頸椎後弯変形と言います。もしこれらの症状が出てきた場合、どのように治療していくのでしょうか?ストレートネックかもしれないと思ったら早めに整形外科などで診察を受けましょう。まず医師の判断を聞いて、それからどのような治療をするのか相談します。骨が変形していない場合は大抵は運動療法で治すことが多いようです。また、普段の姿勢や生活習慣の改善なども必要になってきます。仕事などでデスクワークで長時間パソコンを使用しているならば、それらの作業姿勢を首に負担のかからないものに改善したり、常に正しい姿勢を取るように意識を改善したりすることにより、症状の改善に努めることができます。また飲み薬やリハビリなども行うことがあるようです。他にも整形外科では低周波や電気治療、筋肉を緩めるマッサージ、ストレッチなどを行う事もあるようです。しかし、ストレートネックは完治するのが難しい症状と言われています。日頃の生活習慣でストレートネックになってしまうことが非常に多いため、予防を意識した生活を送ることが大切です。毎日の生活を正しい姿勢で送るよう努める事や、デスクワークなどでは長時間作業し続けるのではなく、適度に数分でも休憩をはさんで首への負担を減らす努力をするなどしてストレートネックを予防していきましょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!