枕カバーは頻繁に洗濯しよう

枕カバーはまめに洗ったほうがいいの?

寝具を洗う頻度と言うのは人によって違うかもしれません。人によっては一週間に一度という人もいれば、もう少し間隔が開く人もいることでしょう。では枕カバーをまめに洗うとはどれくらいの間隔なのでしょうか?またそうしたほうが良い理由とは何でしょうか?今回はそれらを見ていきたいと思います。勧められている枕カバーの洗濯の頻度は「毎日」と言われています。ちなみに布団カバーや敷布団カバー、シーツなどは「週に一度」が勧めらています。肌が直接触れる頻度の高いアイテム順に頻繁に洗濯したほうが良いと言われています。その点で言うと枕は顔や頭が直接触れるので毎日洗ったほうが良いとなるわけです。

洗い方や乾かし方にも注意が必要

頻繁に洗わないとどうなってしまうのでしょうか?汗による湿気がカビの原因になったり、ダニが増殖してしまったり、髪の毛やフケや皮脂などがダニの餌になってしまいますし、黄ばみやにおいの原因になってしまったりします。また、枕カバーの洗濯を怠ると、ニキビの原因になってしまう事もあるようです。カバーに付いた汗や皮脂やフケなどに顔を付けて寝たりすると、そこに雑菌が繁殖しニキビや湿疹の原因になってしまうそうです。しかし、毎日洗うどころかうちは一月に一度とか、独身男性などの場合買った時から洗っていない…。などでカバーのにおいが気になってしまう状態になっていたり、黄ばんでしまっている事があるかもしれません。そうなってしまうとただ洗濯機にかけただけではキレイにならない場合があります。このような時は漬け置き洗いをしてみましょう。バケツや洗面器などにお湯を張り洗濯洗剤を入れて、カバーを1時間ほどそこにつけておき、それから洗濯機で洗います。水温が低いと洗剤の性能が発揮されず、汚れ落ちが今一つだったりしますが、お湯に溶かして使うと洗浄効果が高まり、汚れが良く落ちます。乾かすときにも注意点があります。部屋干しなどをしてしまうと、生乾きの嫌な臭いがついてしまい、寝る時に悲惨な目に遭ってしまうので、風通しの良いところでしっかり乾燥させましょう。出来れば天日干しが出来ると良いです。カバーを毎日洗うのは大変なので、カバーの上からタオルを巻いて、それを毎日洗っているという方もおられるようです。タオルならある程度の枚数持っていますし、洗濯にためておくことができるので、時間のある時にまとめて洗濯することができ簡単です。この方法もオススメなので実践してみるのと良いでしょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!