枕を変えれば肩こりも治るかも!?

どんな枕が肩こりの悪化を防ぐ?

人は睡眠に多くの時間を費やします。その睡眠中に頸部に緊張を与え、疲れを取るどころか悪化することもあるのです。なぜ悪化してしまうのでしょうか?寝る姿勢が悪いと余分な負担がかかり、血行が悪くなります。そうなると、骨の歪みが出てき、首が休まらない状態のなり、首·肩こりが悪化してしまうのです。何が原因なのでしょうか?リラックスした状態で快眠するにはどうすればいいのでしょうか?一番重要なのは自分に合った枕や布団を選ぶことです。今回は特に枕について取り上げます。

人気の商品や他人のオススメよりも自分に合った枕を選ぶ

枕は軟らかすぎても硬すぎてもいけません。高すぎても低すぎてもいけません。枕選びを間違えると肩こりだけでなく、いびきや頭痛なども引き起こします。本当に枕選びは難しいといえるでしょう。枕は素材、高さ、形によって選ばれていきます。まずは、素材ですが、ある程度硬さがある方がいいでしょう。素材の中には通気性や吸湿性などもチェックする必要があります。枕は皮膚に触れるので洗えるものが一番オススメです。フケやホコリ、ダニの死骸などは洗えばきれいになります。アレルギーや敏感肌の方は多いですが、その方には原因となるこれらの汚れを洗うことで快眠につながるのです。次に高さです。高さは2パータンの状態を考慮に入れる必要があります。仰向けの場合と横向きの場合です。うつ伏せは体への負担があるので、枕を上手に使って仰向けや横向きで寝るように心がけましょう。仰向けで寝ることが多いという方は起立している時と同じ首の角度がつけれる高さがポイントです。しかし、横向きが多い場合には更に高くする必要があります。顔と胸の中心が一直線になる高さが理想的といえます。ポイントは自分の肩が潰れず、なおかつ頬が圧迫を感じない高さがいいでしょう。人は一日のうちに何度も寝返りをするため、頻繁にする体制に合わせて枕の高さを調節しましょう。さらに、枕の下に手をいれる方は無意識のうちに高さの調整をしています。硬さや高さはバスタオルなどで調節することができます。形は寝返りを無理なく打て、頭部を自然に置ける形がいいでしょう。寝返りの回数が減ると、血行が悪くなり疲れが取れなかったり、肩こりが悪化するという自体になってしまいます。人によって体格や姿勢が異なるため人気の商品や他の人のオススメというよりも、自分に合った枕を選ぶことは重要です。どの枕を選ぶにしても購入前にまず、お店で試してみましょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!