枕の形と大きさで寝付きも大きく変わる

枕の形と大きさは快眠に影響するの?

寝具売り場を見ていると実に様々なタイプの枕が売られています。しかし、その全てが自分に適した枕というわけではありません。そして自分に適していない枕を使用していると安眠・快眠を得ることはできません。身体に合わない枕を使用し続けると、身体に負担が生じ痛みなどの不快感が出てくるからです。そして、人はそれぞれ骨格や頭の大きさや重さが違うため、全員に共通してフィットする枕というものはありません。では、どのような枕が自分に合う枕と言えるのでしょうか?自分に合う枕を探すうえで考慮に入れるべきポイントは幾つかあります。それを今回は見ていくことにしましょう。まずは「枕の高さ」です。自分にとって枕が高すぎると仰向けで寝ている時に首や喉を圧迫し、気道を狭めてしまうのでいびきや無呼吸症候群を起こしてしまう事があります。また、頭痛や肩こりなどを感じやすくなります。逆に、自分にとって枕が低すぎると仰向けで寝ている時に顎が上がってしまい、首の痛みや腕や指先のしびれなどが生じることがあります。また、寝つきが悪くなったり、朝に顔がむくんでしまったりする場合があります。現状でこのような症状が自覚としてある場合、枕を調節したほうが良いでしょう。

迷ったら低めの枕

枕の高さに関してのポイントは、仰向けで寝た時に顎が引きすぎず、上がらないものを選ぶ必要がありますが、これは今使っている敷布団やマットレスの硬さによっても微妙な違いが出てきます。これらが柔らかい物であれば低めの枕から見て行けば良いですし、硬ければ高めの枕から見て行けばよいでしょう。もし、どちらが良いか判断に迷う時は、低めの枕を購入しましょう。低めであれば、もしもう少し高くしたいと思った時にバスタオルなどを折りたたんで高さを調節することができます。しかし、高めの枕の場合は材質にもよりますが低くするのは大変です。次に見ていきたいポイントは「枕の材質」です。ポリエステル綿はクッション性もあり、少し柔らかいので硬い枕が苦手という方に適しているかもしれません。水洗いも可能なものが多いのでメンテナンス性も優れています。そばがらは硬めの部類に入るかもしれません。通気性や吸湿性にも優れています。しかし、水洗いは不可なので、天日干しなどをしてメンテナンスしましょう。パイプ・ストロー素材の枕は大きさや硬さを選ぶことができます。また、水洗いもすることができるので、メンテナンス性も良いです。低反発ウレタンは現在の枕素材の中では人気が高く様々な形状のものが売られています。フィット感に優れ、体圧を分散させるので寝心地も良いようです。しかし、水洗いが不可なので陰干しなどのメンテナンスになります。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!