日本人の首にあった枕の形

日本人と外国人では骨格が違うの?

自分と外国人(特に欧米人)ではどこが違うのか考えたことがおありでしょうか?ぱっと見た目で分かるのは髪の色や質、目の色、肌の質感、手足の長さかもしれません。しかし、医学的に見てみると、骨格が細長い事に加えて、筋肉量や筋肉の付き方も違うといわれています。特に外国人は後ろ側の筋肉が良く発達しているといわれており、立ち姿がすこし反り返った印象を受けます。逆に日本人などのアジア系の人たちは前側の筋肉が発達しやすいため、方が前に入ってきて立ち姿が猫背に見えやすくなっています。また、外国人は横から見たときの骨盤の角度にも特長があるといわれています。外国人には骨盤が前掲している人が多いため、ヒップが上向きに見える人が多いと思われることがあると思いますが、あれは意識的にお尻を突き出しているのではなく、骨格がすでにそうなっているためヒップアップしているように見えるそうです。このように外国人と日本人を比べると、骨格レベルで明らかな違いがあることが分かります。そうすると世界中で売れている枕だからと言って単純に信じて購入するのは危険な場合があることが分かります。

男性で平均4.0㎝、女性で平均3.0㎝が目安?

厚生労働省のある調査によると、日本人の成人の20%以上の人が、自分の睡眠の質に満足していないと回答したようです。これには枕にも大きな影響があると考えることができます。では日本人の首に合った枕の形とはどのようなものなのでしょうか?まず気を付けるべき点として「高さ」があります。低すぎても高すぎても良くありません。高さが合わないと頭痛、肩こり、首筋の痛み、顔のむくみ、不眠症、いびきといった症状が出てくることがあります。適切な高さの目安としては「気を付けをして立っている姿」が良いといわれています。壁際でこれをやってみると、日本人のほとんどが壁との隙間が2.5~5.0㎝と言われており、男性で平均4.0㎝、女性で平均3.0㎝と言われています。しかし、この数字をそのまま枕の高さに適用すると、自分に合った枕にはなりません。この数字は日本人の平均であり自分の数字ではなく、さらには人それぞれ寝具の硬さも違うからです。ちょうどよい枕の高さの目安は、仰向けで寝たときに頭の高さが腰の高さよりも3~4㎝高いくらいが良いと言われています。これにはふとんやマットレスの硬さも関係があります。硬めであれば高めの枕を、柔らかめであれば低めの枕を選ぶと良いといわれています。また、どっちにしようか迷った場合は低めの枕の方を選びましょう。そうしておけばバスタオルを折りたたんで枕の下に入れたりして、微妙に高さを調節したりすることができるからです。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!