快眠に枕選びが大切な理由

ぐっすり眠るためには良い枕を選ぼう

大抵の人は人生の3分の1ほどの時間を布団の中で過ごします。そう考えると快適な睡眠環境を作ることはとても重要だという事が分かります。毎日の疲れを取ろうと思って布団に入っても、自分の身体にあったものでなければ逆に調子が悪いままという事もあり得ます。今回は快眠のためには良い枕を選ぶ必要があることに注目していきましょう。まず枕があっていないと身体にどんな症状が出ることがあるでしょうか?寝起きなのに肩が凝っている、頭痛がする、腰痛がする、いびきをかくなどの症状や痛みが生じることがあります。

快適な生活と枕の関係

頭痛と枕にはどのような関係があるのでしょうか?枕が原因で頭痛となるのは、枕が頚部を圧迫して交感神経を緊張させることにより、脳への血流を悪くするからと言われています。また、枕が低いと脳の高さが心臓の高さより低くなるため、頭に血が上ってしまい眠りが浅くなってしまいます。別のポイントとして、枕が硬すぎると寝ている間頭が安定せず、首に負担がかかり浅い睡眠になってしまうようです。こうなると深い睡眠が取れなくなるため、寝起きに頭が重く感じたり、頭痛を感じる事があります。また、仰向けで枕が低い状態の場合、顎が上がった状態になってしまいます。この状態が長く続くと、首や頭が痛くなったり、手がしびれてくるといった症状が出てくる場合があります。枕が影響する別の症状には腰痛があります。自分に合っていない枕を使用し続けると、体の自然なカーブ(人間を横から見たときに見られるS字湾曲)が損なわれてしまい、それが全体に影響を及ぼすため腰痛などの症状が出ることがあるようです。また、仰向けに寝ているときに枕が自分にとって高過ぎると、顎が引けすぎて軌道を圧迫し、いびきをかいてしまう原因となります。いびきをかく人のほとんどが口呼吸をしています。口呼吸をしていると空気中の細菌が体内に入りやすくなるため、感染症にかかりやすくなります。さらには成長ホルモンの分泌が低下したり、歯周病や口臭の悪化というものも生じやすくなります。また、十分な酸素を取り込むことができないと無呼吸状態に近い状態になるため、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まったりすることもあります。このように自分の体に合った枕を選ばないと、快適な生活を送ることができなくなることはもちろん、場合によっては命に係わる病気を発症するリスクもあるために、枕選びはとても大切と言われています。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!