寝ている間に首の歪みを枕で治そう

枕で首のゆがみは治せるの?

頭の重さは平均で5~6キロほどと言われていて、とても重たいものです。そしてそれはその頭の下にある、細い首によって支えられています。ですから一日生活した後は肩がこったり首が痛くなったりするのはある意味当然かもしれません。これらの不快な症状は首の歪みから生じているといわれています。では、これらの歪みをどうすれば取り除くことができるのでしょうか?大部分は寝ている間に歪みは取れてきます。疲労がなくなったり、寝ている間は重い頭を首で支えなくて良いので休ませることができるからです。しかし、朝起きて元気なはずの身体が痛い、首に凝りや張りを感じるといった自覚症状がある場合があります。これらは寝ている間に使用している枕が原因である可能性があります。今回は枕によって首のゆがみをどのように改善することができるのかといった点について見ていきましょう。そもそも身体という者は人種はもちろん性別や骨格によってもかなりの違いがあります。ですから枕は一概に何センチが良いとか、どの素材が良いという決まったものはありません。ひとそれぞれにフィットする枕を探す必要があるのです。きちんとした枕を使用していなければ、本来は寝ている間に歪みが取れなければならないのが、かえって歪みを増してしまうという事があり得ます。

枕の硬さも重要なポイント

良い枕は、首やのどに圧迫が無いものと言われています。まず「枕の高さ」を見ていきましょう。平均的に枕の高さは3~4㎝が適切と言われていますが、これは先ほども述べた通り個人差がありますし、布団やマットレスの硬さによりさらに違いが出るはずです。しかし、寝たときに頭の高さが腰の位置より3~4㎝高くなるものを選ぶのが良いようです。これによりリラックスして眠れるので、深い眠りにつけますし、身体の疲れが良く取れるので歪みも軽減されてきます。また、寝返りが打ちやすいかどうかも重要なポイントです。実は夜中ずっと同じ姿勢で寝ていると身体のゆがみが取れないようです。同じ姿勢で寝続けると、肩こりや腰痛などの原因にもなってしまうといわれてます。平均的に人は睡眠中30回ほど寝返りを打っているといわれています。枕選びを間違えると、この寝返りをうつ妨げになることがあり、そうなると首の歪みを取ることが出来なくなってしまいます。そこで枕選びに重要な別のポイントとして「枕の硬さ」にも注目しましょう。一見すると枕は柔らかいのがリラックスできるのではないかと思いがちですが、柔らかすぎる枕は頭が不必要に沈むため、頭が枕に埋もれすぎて寝返りの妨げになってしまうことがあります。一方、硬すぎる枕も今度は頭が安定せず、かえって疲れが出てきます。自分にとって程よい弾力があるものを選びましょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!