家族でも枕との相性は違う!

家族みんなで同じ枕は間違ってる!?

「お父さんの枕は臭いからいやだ」、「お兄ちゃんの枕は汚いからいやだ」という理由で枕を共用しない、というのが間違っているかどうかは別として、家族で枕を共用しない方が良いでしょう。では、その理由についてこれから見ていきましょう。枕を選ぶ際に重要なのは自分の体形に合うかどうかです。骨格や筋肉の付き方などは人それぞれなので、一家で同じ枕を使おうとすると、誰かにはぴったり合うけど、誰かには合わないという事が必ずと言っていいほど生じてきます。枕の材質の好みなどにも違いがあることでしょう。では、自分に合う枕をどのように見つけることができるでしょうか?

枕は消耗品、2年から3年ほどで交換が目安

まず、枕は仰向けで寝る時に、立っているときの首のカーブを横になった時にも同じ状態に保つために使います。また、横向きで寝る時は首や背骨がまっすぐな状態を保つために使います。寝具売り場ではそのことを意識して選んでいくと良いでしょう。さらには枕選びで忘れてはならないのが、敷布団やマットレスの硬さです。柔らかめのものであれば枕は低めのものから順に、硬めであれば枕は高めのものから順に探していくと良いでしょう。また、高さ自体にも気を付ける必要があります。仰向けで寝る時に枕が高すぎると顎がつかえるような格好になり、首が痛くなったりいびきをかいてしまったりします。逆に低いと顎が上がってしまうので手や腕がしびれてきたり、頭痛がしてきたりすることがあるようです。また枕の硬さも良く選ぶ必要があります。柔らかすぎると頭が沈み過ぎてしまい、寝返りがスムーズに打てなくなってしまいますし、硬すぎると睡眠中の頭が不安定になるため、眠りが浅くなり疲れが取れない原因になることがあります。この柔らかさもそれぞれの頭の重さによって適切なものが違ってくるので自分で実際に試してみながら探すと良いでしょう。また、枕は消耗品と言われていて、物によっては2年から3年ほどで交換すると良いと言われています。材質によってヘタレてきたり、洗えない材質の場合はカビなどのために使えなくなってきたりするからです。さらに人の体格も一生同じではありません。痩せてきたり太ってきたりして体型も変化してくるので、数年おきなどに枕を見直すと良いでしょう。これらの事柄からすると、やはり家族で同じ枕を使う事は健康的ではないことが分かります。それぞれが自分の体型や好みに合わせてぴったり合う枕を探しましょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!