ダニやホコリのつきにくい枕を選ぼう

枕にはダニやホコリがいっぱい付いている!?

夜に布団に入ると鼻炎が始まるとか、慢性鼻炎が収まらない、さらにはアトピーがかゆくなってくる、または小児ぜんそくが出てくるという場合、気にするべき点の一つは枕です。枕には何十万匹というダニが付いていると言われているからです。その中でもチリダニがとても多いと言われています。枕を軽くたたいた時にホコリのようなものがバッと舞うのがチリダニの死骸と言われています。これらのダニの死骸や糞がアレルギー原因になっている場合が多いです。ではどうしたら良いでしょうか?

どんな枕がオススメなのか?

一つはホコリやダニの付きにくい枕を選ぶという方法があります。全体的にどんな枕がオススメなのでしょうか?洗える枕が良いと言われています。ポリエステル綿(洗えるタイプのもの)、パイプ、ストロー、コルマ、ビーズ(洗えるタイプのもの)が洗えます。素材によっては天日干しか陰干しか分かれますので気を付けましょう。また防ダニ対策がされているタイプという物もあります。例えばヤマセイ株式会社のダニゼロックという商品があります。この枕の特徴は、薬品を使用していない、製品の内部にダニが侵入できない作りになっている、綿100%生地で肌触りが良い、ヤマセイ特許の商品で、きちんと検査・試験が行われているものです。ダニアレルギーを持っている人に特にオススメで、アレルギー鼻炎、小児ぜんそくや気管支炎喘息、アトピー性皮膚炎に悩まされる人向けです。この綿わた枕は大きいサイズと小さいサイズの2種類が用意されているので、お好みに合わせて購入できます。また、綿わただけでなくパイプ製のものもあります。これは厳密に言うと防ダニ製品ではないのですが、ダニが殖えにくい素材で、パイプの出し入れにより高さを調節できるのでこちらも人気があるようです。またヤマセイは防ダニカバーを販売しています。もちろん枕カバーもありますので、こちらもセットで購入すると良いでしょう。ヤマセイの防ダニ枕は7000円程で、枕カバーは20000円前後で購入できるようです。使用期間は枕に穴があくまでという事です。しかし、気にいった枕を購入したばかりとかちょっとお値段が高いという事で今ある枕を使う場合はどんな点に気を付ければよいでしょうか?洗えるものは定期的に洗うと良いです。また天日干しも有効です。天日干しとセットで布団用掃除機などでダニを吸い取るとさらに良いでしょう。また安い枕でも頻繁に買い替えるとダニ対策としても効果があるようです。最初は何十匹かのダニでも10週間ほど放っておくと1万匹に増えてしまうと言われています。普通のホコリも溜まっていきます。ですからある程度のスパンで新品にするとアレルギーに悩まされずにすむでしょう。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!