スマホの使いすぎで首が悪くなる

首が痛いのはスマホのせいなの?

一日が終わるころになるといつも首が痛くなってくるという方が最近とても増えています。実はその原因がスマートフォン(以降スマホ)にある場合があります。今回はスマホを使いすぎるとなぜ首が痛くなるのか、その原因と対処の仕方について見ていきましょう。スマホを使用している時に、頭を下に傾けて首を屈曲している状態の事を最近ではスマホ首(病名ではありません)という事があるようです。スマホが世の中に出現してからまだ日が浅いため、病気として確立されてはいないようです。このことからも明らかなように、首を下に向けるつまりうつむく姿勢が長時間続くと、首にとってはかなりのストレスになり、これにより痛みが生じることがあると言われています。

15分に一度ブレイクタイムが大切

スマホ首は反復性ストレス障害(繰り返し同じ動作をすることにより起きる障害)です。この姿勢は頸椎周辺の筋肉に緊張を与え、頸椎や神経、椎間板に圧迫がかかるので、首や肩を中心とした不調が出やすくなります。また巻き肩や猫背になるため呼吸器官や胃腸などを圧迫し、それらの具合が悪くなることもあります。症状としては、首の痛み、肩こり、頚椎症、椎間板症、手のしびれ、慢性頭痛、めまい吐き気、胸やけ、逆流性食道炎などが挙げられます。特に首回りのストレスがかかり続けると、頚椎症性神経根症になってしまう場合があり、首や腕、進行すると指先までしびれが出ることがあるようなので注意が必要です。頸椎がずれると頸椎動脈を圧迫し脳梗塞を発症するという医師もいます。また、スマホを操作している時の姿勢が悪いと、呼吸がとても浅くなり、それが原因で体内の血行が悪くなり、冷え性やだるさ、慢性疲労、自律神経失調症などが出てくることもあります。スマホ操作時の首の前傾の角度がきつければきついほど負担も増えていくようなので、時々意識して下向きになりすぎないように注意しましょう。長時間の使用も気を付ける必要があります。15分に一度ブレイクタイムを設けると良いと言われています。また、運動も良いようです。右腕を前まわし同時に左腕を後ろまわしを1~2分、逆でも1~2分行うと、首や肩にかかるストレス改善に良いといわれています。また、首周りにある筋肉である、中斜角筋と前斜角筋をよくストレッチしてあげるのも効果的と言われています。これらの筋肉の間には隙間があり、そこを腕神経が通っています。これらの筋肉が緊張し続けるとその隙間がなくなり、神経圧迫が生じ腕の痛みやしびれが出たりします。

注目の○○商品

独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】公式サイト
独自の形で首肩の筋肉をリラックスさせる肩こり・首こりケア専用枕【リラ!まくら】
独自のオリジナル形状によって、首・肩の筋肉などをリラックスさせ、肩こりや首こりのおこらない状態をキープ!齢性別を問わず多くの現代人に起こりやすくなっている慢性的な肩こりや首こりを解消しストレートネックも防止!